臨床研究・治験への取組み

依頼者の方へ

 治験について

  1.治験に係る標準業務手順書
  2.治験審査委員会標準業務手順書
  3.標準業務手順書補遺
  4.治験に係る直接閲覧を伴うモニタリングの受け入れに関する標準業務手順書
  5.企業主導治験に係る監査の受入れに関する標準業務手順書


オプトアウトが必要な医学研究

オプトアウトについて

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行う必要があります。ただし臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いる研究等については、国が定めた指針に基づき、研究の目的等の情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することで、患者さん一人一人に同意を取る必要はないとされております。このような手法を「オプトアウト」と言います。当院においてオプトアウトが必要となる臨床研究は下記の通りです。なお、研究への協力を希望されない場合は、下記詳細内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

当院で実施中の医学研究

医学研究名 詳細
カテーテルアブレーション全国症例登録研究 詳細
詳細をご覧になるには、Acrobat Readerダウンロードが必要ですので、あらかじめご確認の上、必要に応じてダウンロードしてください。(無償ソフト)